桐生 前橋 リフォーム  モックリフォーム

桐生市 事務所リフォーム H様邸



ナチュラルオークの床にダークオークを合わせ落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

H様御夫妻は、織物用・編物用原糸の問屋さんです。自宅の一角にある事務所を構えています。
この事務所と、隣接するキッチンの間にある壁をなくしたい、また脱衣室の床に関する相談で、恒例で行っている『リフォームまつり』にご来場頂いたことがきっかけでした。
調査に伺い、数回の打合せの結果、事務所にリフォームのみ行うことになりました!

リフォーム施工前

工事前・西側
Pタイルの床は、フカフカで抜けてしまいそうな部分がありました。写真右の引き戸も、スイッチ付近の壁が下がってしまい、うまく開かない状態でした。
工事前・東側
中央のドアも左側の壁が下がっているため、うまく開け閉めが出来ない状態でした。天井や壁もかなり疲れてきている感じです。


リフォーム施工中の様子

   

床の解体@
フカフカになった床は一度解体し、大引きから取り換えました。水平を確認して工事を進めます。
30年位前に建てた住宅で床がフカフカな場合、ベニヤを重ね張りした床材自体のノリが剥がれてしまったケースが多いようです。

床の解体A
ドアや引き戸が調子悪かったのは、2階を支える柱の基礎部分に問題がありました。地盤沈下です・・・。
コンクリート工事までは、とのコトでしたので、コンクリート板と鉄板を敷き、鋼製束で支えながらレベルをそろえました。


リフォーム後の様子

 仕上がり・西側
内装もリフレッシュしましたが、収納家具も新しく造り付けました。電話線やコンセントも整理してスッキリ使いやすくなったはずです。内装建具も色を合わせて交換しました。
仕上がり・東側
正面TV台の下、収納庫の引き戸は元のままですが、なんだか普通にマッチしています。照明器具も交換して、なんだか別に部屋のように生まれ変わりました!





会社概要 スタッフ紹介 お客様の声


お問い合わせはこちら