桐生 前橋 リフォーム  モックリフォーム

前橋市 耐震リフォーム S様邸



前橋市の補助金を使用した耐震リフォームが完成しました。

H様邸は、昭和49年に建てられた木造住宅。増築やリフォームを数回行っていますが、家の横には交通量の多い公道があり、「大型工事車両などが通るたび、家が揺れる」と、耐震にたいして不安を抱いていらっしゃいました。
お住まいのある前橋市は、数年前から耐震リフォームに対して補助金があり、今回はそれを受けての工事となりました。

リフォーム施工前

西側・和室
床の間と仏間が並んでいます。耐震工事をする上で、コチラの壁に補強を入れます。
中央・和室
2つ並んだ3尺間の収納庫。コチラの内部にも補強が必要です。
 
東側・2間続きの和室
奥の和室にも床の間があります。耐震補強を行うついでに、コチラの和室を板間にリフォームします。
床の間は収納庫にすることになりました。
 


リフォーム施工中の様子

   

西側・和室
床の間も仏間、床天井も解体しました。
構造計算上、すでにある筋交いだけでは足りず、構造用合板で補強します。この場合、土台から梁まで達していないと意味がありません。もちろん金具やビス打ちの間隔にも規定があります。
床下の状態も細かくチェック。基礎は問題ないようです。

 ビス間隔
使用した金具はもとより、ビスの間隔も写真で残します。工事完了時見えなくなってしまう部分は特に重要。補助金申請時には、こういった写真も添付します。
 断熱工事
昭和に建築された建物のほとんどは床に断熱材が入っていません。コチラも入っていませんでした。
今回断熱材も施工します。


耐震

地盤調査
家の周囲で地盤調査を行いました。
スウェーデン式サウンディング試験です。結果は良好、とは言えない内容でしたが、すでに建っている家の下に杭を打つわけには行きません。補強方法と工事費、安全性について検討した結果、建物だけの工事になりました。
耐震計算書
以前、前橋市でも耐震診断をしていただいたS様宅。工事をする上でその結果だけで工事をするわけにはいきません。建築確認図面と、屋根裏や床下から確認した現状に住宅の状態を併せて、再度耐震計算をしました。もちろん工事前には市とも工事内容を協議しました。




リフォーム後の様子

 西側・和室
補強のため壁を壊したついでに、床の間をリフレッシュしました。仏間も移動してさらに立派に変わりました。
中央・和室
収納庫を1つつぶして仏間にしました。

 東側・2間続きの和室(北面)
右側の床の間は収納庫に変わりました。畳を板間にかえたので、左側にあった押入もクローゼット扉に変更しました。真壁のまま、天井も和天のまま、そして障子も残しましたが、桜の無垢材の床としっくりとけ込んでいます。
 東側・2間続きの和室(南面)
南北の2間の和室でしたが、南も板間に替えました。
アンティーク家具もとてもステキにマッチしています。

 

2階サンテラス
こちらにも補強用筋交いが入りました。
窓の前に来てしまいましたが、これで安心です。
耐震工事後に測ったように地震がありましたが、揺れが大分少なかったと喜んでいただきました!

 


 他の耐震リフォーム事例(桐生市)




会社概要 スタッフ紹介 お客様の声



お問い合わせはこちら